費用を抑えて引越しするなら色々な業者に見積もりを出してもらおう

リストアップしておきます

ファミリー

荷造りはカテゴリーごとに

家族の引っ越しの場合は、なんと言っても荷物が多いことにあります。まずは持って行くものと処分するものに分けます。大型の家具や家電は処分に時間が借るからです。また、リサイクルショップに確認してみるのも良いでしょう。1年以上着ていない服、ずっと開けていない箱などは処分します。さらに不用品を処分して荷物が減らせると引っ越し費用も安くなります。荷造りは家族の部屋ごとカテゴリーごとに箱詰めします。小学生以上の子供には手伝わせましょう。また、小さい子供がいる場合は、着替え、おむつ、ミルクを手荷物にして自分で運びます。おむつのストックなどはひとまとめにして、すぐに荷解きが出来るようにします。加えて、子供が小さい場合には荷物詰めや荷解きを業者に依頼しても良いでしょう。

手続きを分担します

引っ越しに伴う家族の手続きはたくさんあります。最優先で手続きをするのは子供の学校です。担任の先生に相談し、必要書類を揃えてもらいます。また、市役所では住民票の移動、国民健康保険、国民年金、児童手当などです。家に関することは、電気、ガス、水道、インターネットの解約手続きと新居での使用手続きが必要です。他に、郵便、運転免許証、銀行、クレジットカードの住所変更の手続きも必要です。やるべきことをリストアップしておき、家族のうちの誰が行うのかの分担を決めておくと漏れがありません。また、仕事や日常の生活を送りながら引っ越し準備となります。計画を立てて準備をしましょう。引っ越し当日は食事の準備もままなりません。手軽に食べられる、おにぎりやサンドイッチなどを用意しておきます。また、引っ越しは基本的に専用業者に依頼することが大切です。業者ごとに細かなサービスは異なるので、詳細を知りたい方はHPをチェックしておくといいでしょう。